AppleTV(第一世代)の不調解消法

さて前回はAppleTV(第一世代)の内蔵ストレージを交換する方法でしたが、今回はシステムの不調解消法です。

 

というのも私のAppleTV(第一世代)はここ最近不調で前回内蔵ストレージを交換したのも不調を解消するためだったのですが、原因はストレージではありませんでした。

 

その不調というのは、ここ最近になって「それまで問題なく再生されていたビデオファイル」がコマ落ち、音声の途切れなどで実用不可能な状態になっていました。

 

そこで新たなストレージを用意し交換したものの、症状は再発。

 

そのため原因はハードの故障ではないかと考え、ヤフオクで代替機を購入し、OSを最終バージョンにアップデートした後、ビデオファイルを入れてみるもやはり同じ症状。

 

原因はビデオファイルでも、ハードの故障でもない、となると、残るはOSということになる。

 

次に取った手段は、ヤフオクで手に入れた代替機を工場出荷状態に初期化し、OSを最終バージョンにアップデートせずに(つまり何もせずに)ビデオファイルを入れてみた。

 

何の問題もなく再生できるじゃあ〜りませんか。

 

そしてその代替機を、再生できたビデオファイルを入れたまま、OSを最終バージョンにアップデートすると、やっぱり再生不可に。

 

確定です。

 

原因はOSです。

 

原因が判明したので、後は簡単ですね。

 

ヤフオクで手に入れた代替機からHDDを取り出し、リカバリーデータをコピーしてから、前回の記事の手順で交換用HDDをセッティングします。

 

なぜこの手順が必要かというと、今回新たに手に入れた代替機はOSバージョン2.2搭載機だったのです。

 

私がこれまで使っていたAppleTVは最初期型で搭載OSバージョンは1。アップデートすると最終バージョンの3.0.2になるため、中間の2.2にする方法はありませんでした。

 

OS 2.2はメニュー画面がシンプルで、OS 3.0.2と比べて反応も速く使いやすいのです。

 

さてこれでやっとAppleTVのメンテナンスが完了しました。

 

長かった・・・。

 

 

 

さて今回の事態についてハッキリしていないことがあります。

 

そもそもAppleTV(第一世代)はなぜ突然不調になったのか。

 

第一世代はとうの昔にサポート終了し、OSアップデートも何年も前に終了しています。

 

なにも変更されていないはずなのに不調になった原因は何なのか。

 

おそらく原因はコレ。

 

www.itmedia.co.jp

 

「第1世代のApple TVでは、2018年5月25日以降、コンテンツ配信サービスの「iTunes Store」が使用できなくなる」

 

この記事執筆時点及び、AppleTV(第一世代)が不調になった時期は2018年5月25日よりもかなり前なのだが、既にメニュー画面にiTunes Storeのレンタルビデオタイトルなどが表示されなくなっており、iTunes Storeとの断絶が前倒しされているようだ。

 

そしてiTunes Storeが使用できなくなることによるAppleTV(第一世代)のOSアップデート(システムメンテナンス)は恐らく無い。

 

つまり具体的な不調の原因は

iTunes Storeと接続不可となったことを知らないAppleTV(第一世代)が、iTunes Storeと接続しようと無限に試行を繰り返すことによる処理能力の低下」

というのが有力だと思われる。

 

iTunes Storeに繋がらなくなってレンタルビデオタイトルとかが表示されなくなったのを正直喜んでいたのだが、まさかこんな落とし穴があったとは。

 

今回原因を突き止められたのは、ヤフオクで購入したAppleTV(第一世代)がたまたまOS 2.2初期搭載モデルだったから。

 

AppleTV(第一世代)をまだ使い続けたい方は、OS 2.2初期搭載モデルを何としても手に入れて下さい。

 

 

遂に新品のSwitchが値下げ!

 

 

 

.

AppleTV(第一世代)の内蔵HDD交換の備忘録

AppleTV(第一世代)の内蔵HDDを換装するのはこれで通算3回目なのだが、またしても躓いてしまったので記憶に焼き付けるべく記録を残すことにする。
換装履歴は初期搭載HDD40GB→SSD240GB→SSD960GB→HDD2TB
途中SSDを挟んでいるのは、AppleTV(第一世代)はHDDの接続インターフェースがIDEなため、SATAIDE変換コネクタを挟まなければならず、内部スペースに余裕が無いのでSSDの殻を剥いて無理やり内蔵していたため、なのだが、今回お手頃になってきた2.5インチ2TB HDDを取り寄せてみると7mm厚のスリムタイプで変換コネクタを使っても内部スペースに収めることができた。ちょっと無理矢理ではあるが。

 

さてAppleTV(第一世代)の内蔵HDDを換装するにはただ交換するだけではダメで、AppleTV(第一世代)のための特殊なフォーマット作業をしないといけない。
特殊と言っても特殊な機器とかは不要なのだが。
Macと交換用HDD、交換用HDDをMacと接続するための装置(HDDケースなど)があればいい。

 

まず交換用HDDをMacと接続し、ディスクユーティリティを起動。
交換用HDDをパーティション1、GUIDパーティションマップ、MacOS拡張(ジャーナリング)でフォーマット。

 

そしてターミナルを起動し「df」を実行するとボリュームのリストが表示される。

 

※以下赤字はターミナルでユーザーが実行する文字列、青字はシステムが返してくる文字列です。error や faild などが返ってきたら失敗です。

 

MacBook-Air:~ MacBook_Air$ df

Filesystem    512-blocks      Used  Available Capacity iused      ifree %iused  Mounted on

/dev/disk0s2   332305536 301906944   29886592    91%  850055 4294117224    0%   /

devfs                368       368          0   100%     638          0  100%   /dev

map -hosts             0         0          0   100%       0          0  100%   /net

map auto_home          0         0          0   100%       0          0  100%   /home

/dev/disk1s2  3906357344   1665040 3904692304     1%      73 4294967206    0%   /Volumes/名称未設定

 

上記「名称未設定」がAppleTVに新たに内蔵する予定のHDD。
その列の左のほう、「disk1s2」がこのHDDのパーティション番号。
「disk1」がこのHDD自体の番号、「s2」がこのHDDの何番目のパーティションかを表す。
HDDの番号を確認したところでAppleTVに内蔵するためのフォーマット作業を開始します。
※以下HDD番号はすべて「disk1」として記述。HDD番号は作業しているマシンの環境によって変わります。

 

「diskutil unmountDisk /dev/disk1」を実行しボリュームをアンマウント

 

MacBook-Air:~ MacBook_Air$ diskutil unmountDisk /dev/disk1

Unmount of all volumes on disk1 was successful

 

successful、成功です。
このコマンドは何度も使いますが、ターミナルでは矢印キー上下で実行履歴を参照できるのでそれで再利用しましょう。

 

「sudo gpt destroy /dev/disk1」を実行
「sudo gpt create /dev/disk1」を実行

 

MacBook-Air:~ MacBook_Air$ sudo gpt destroy /dev/disk1

MacBook-Air:~ MacBook_Air$ sudo gpt create /dev/disk1

 

ここは実行してもシステムから何の反応も来ないが、処理は行われています。
「diskutil unmountDisk /dev/disk1」でボリュームを再度アンマウント。

 

MacBook-Air:~ MacBook_Air$ diskutil unmountDisk /dev/disk1

Unmount of all volumes on disk1 was successful

 

「sudo gpt add -b 40 -i 1 -s 69632 -t efi /dev/disk1」で第1パーティションを作成。

 

MacBook-Air:~ MacBook_Air$ sudo gpt add -b 40 -i 1 -s 69632 -t efi /dev/disk1

/dev/disk1s1 added

 

added、追加できたようです。
「diskutil unmountDisk /dev/disk1」でボリュームを再度アンマウント。

 

MacBook-Air:~ MacBook_Air$ diskutil unmountDisk /dev/disk1

Unmount of all volumes on disk1 was successful

 

「sudo gpt add -b 69672 -i 2 -s 819200 -t 5265636F-7665-11AA-AA11-00306543ECAC /dev/disk1」で第2パーティションを作成。

 

MacBook-Air:~ MacBook_Air$ sudo gpt add -b 69672 -i 2 -s 819200 -t 5265636F-7665-11AA-AA11-00306543ECAC /dev/disk1

/dev/disk1s2 added

 

「diskutil unmountDisk /dev/disk1」でボリュームを再度アンマウント。

 

MacBook-Air:~ MacBook_Air$ diskutil unmountDisk /dev/disk1

Unmount of all volumes on disk1 was successful

 

「sudo gpt add -b 888872 -i 3 -s 1843200 -t hfs /dev/disk1」で第3パーティションを作成。

 

MacBook-Air:~ MacBook_Air$ sudo gpt add -b 888872 -i 3 -s 1843200 -t hfs /dev/disk1

/dev/disk1s3 added

 

「diskutil unmountDisk /dev/disk1」でボリュームを再度アンマウント。

 

MacBook-Air:~ MacBook_Air$ diskutil unmountDisk /dev/disk1

Unmount of all volumes on disk1 was successful

 

「sudo gpt show /dev/disk1」で現在のパーティション構成を確認します。

 

MacBook-Air:~ MacBook_Air$ sudo gpt show /dev/disk1

       start        size  index  contents

           0           1         PMBR

           1           1         Pri GPT header

           2          32         Pri GPT table

          34           6         

          40       69632      1  GPT part - C12A7328-F81F-11D2-BA4B-00A0C93EC93B

       69672      819200      2  GPT part - 5265636F-7665-11AA-AA11-00306543ECAC

      888872     1843200      3  GPT part - 48465300-0000-11AA-AA11-00306543ECAC

     2732072  3904297063         

  3907029135          32         Sec GPT table

  3907029167           1         Sec GPT header

 

重要なのは「2732072 3904297063」この行。
「2732072」までの数値はどんなHDD容量でも同じになります。
「3904297063」以降はHDD容量によって変わります。

 

「diskutil unmountDisk /dev/disk1」でボリュームを再度アンマウント。

 

MacBook-Air:~ MacBook_Air$ diskutil unmountDisk /dev/disk1

Unmount of all volumes on disk1 was successful

 

「sudo gpt add -b 2732072 -i 4 -s 3904297056 -t hfs /dev/disk1」で第4パーティションを作成。
「3904297056」は前出の「3904297063」から「7」マイナスした数値になります。

 

MacBook-Air:~ MacBook_Air$ sudo gpt add -b 2732072 -i 4 -s 3904297056 -t hfs /dev/disk1

/dev/disk1s4 added

 

「diskutil unmountDisk /dev/disk1」でボリュームを再度アンマウント。

 

MacBook-Air:~ MacBook_Air$ diskutil unmountDisk /dev/disk1

Unmount of all volumes on disk1 was successful

 

「sudo newfs_hfs -v "OSBoot" /dev/disk1s3」で第3パーティションに「OSBoot」と名前を付けます。

 

MacBook-Air:~ MacBook_Air$ sudo newfs_hfs -v "OSBoot" /dev/disk1s3

Initialized /dev/rdisk1s3 as a 900 MB case-insensitive HFS Plus volume

 

「sudo newfs_hfs -v "Media" /dev/disk1s4」で第4パーティションに「Media」と名前をつけます。

 

MacBook-Air:~ MacBook_Air$ sudo newfs_hfs -v "Media" /dev/disk1s4

Initialized /dev/rdisk1s4 as a 2 TB case-insensitive HFS Plus volume

 

「sudo gpt show /dev/disk1」で再度、現在のパーティション構成を確認します。

 

MacBook-Air:~ MacBook_Air$ sudo gpt show /dev/disk1

       start        size  index  contents

           0           1         PMBR

           1           1         Pri GPT header

           2          32         Pri GPT table

          34           6         

          40       69632      1  GPT part - C12A7328-F81F-11D2-BA4B-00A0C93EC93B

       69672      819200      2  GPT part - 5265636F-7665-11AA-AA11-00306543ECAC

      888872     1843200      3  GPT part - 48465300-0000-11AA-AA11-00306543ECAC

     2732072  3904297056      4  GPT part - 48465300-0000-11AA-AA11-00306543ECAC

  3907029128           7         

  3907029135          32         Sec GPT table

  3907029167           1         Sec GPT header

 

上記のようになっていればオーケーな筈です。

 

「diskutil unmountDisk /dev/disk1」でボリュームを再度アンマウント。

 

MacBook-Air:~ MacBook_Air$ diskutil unmountDisk /dev/disk1

Unmount of all volumes on disk1 was successful

 

 

そして最後の仕上げ。
なのですが肝心なことを忘れてました。
私はもう何度もやってきたことなのですっ飛ばしてしまいましたが、すべての作業の前にやっておかなければならないことがありました。
もともとAppleTVに入っていたHDDの第2パーティション部分のリカバリーデータのコピーが必要なのです。


順序が後になってしまいましたが、説明します。
まず交換用HDDをMacから外します。アンマウント状態な筈なので外してもオーケーです。
そしてもともとAppleTVに入っていたHDDをMacに繋ぎます。接続インターフェースがIDEですが、AppleTV(第一世代)のHDDを交換しようなんて考える人ならそれくらい持ってますよね?


最初の方でやった「df」でHDD番号を確認

 

MacBook-Air:~ MacBook_Air$ df

Filesystem    512-blocks      Used Available Capacity iused      ifree %iused  Mounted on

/dev/disk0s2   332305536 301075832  30717704    91%  849955 4294117324    0%   /

devfs                374       374         0   100%     649          0  100%   /dev

map -hosts             0         0         0   100%       0          0  100%   /net

map auto_home          0         0         0   100%       0          0  100%   /home

/dev/disk1s4    75146000    253632  74892368     1%     525 4294966754    0%   /Volumes/Media

/dev/disk1s3     1843192    799584   1043608    44%    8203 4294959076    0%   /Volumes/OSBoot

 

上記「Media」「OSBoot」の「disk1」が対象のボリュームです。


sudo dd if=/dev/disk1s2 of=./recovery.dmg bs=1m」でリカバリーデータを「recovery.dmg」として保存します。

 

MacBook-Air:~ MacBook_Air$ sudo dd if=/dev/disk1s2 of=./recovery.dmg bs=1m

399+1 records in

399+1 records out

419405824 bytes transferred in 53.004325 secs (7912672 bytes/sec)


上記システムメッセージが返ってくるのを待ってからユーザーフォルダ直下を見ると「recovery.dmg」がある筈です。
それではもともとAppleTVに入っていたHDDをアンマウントし接続解除、交換用HDDを繋ぎます。

 

 

そして今度こそ最後の仕上げ。
「sudo dd if=/Users/MacBook_Air/recovery.dmg of=/dev/disk1s2 bs=1m」で第2パーティションリカバリーデータを書き込みます。
「sudo dd if=」まで入力して、「/Users/MacBook_Air/recovery.dmg」部分は「recovery.dmg」の場所を示すものなので手入力でもいいですが、実際に「recovery.dmg」をドラッグ・アンド・ドロップしたほうが楽だし間違いがありません。
ドラッグ・アンド・ドロップしたら、続きの「 of=/dev/disk1s2 bs=1m」を入力して実行すればオーケー。

 

MacBook-Air:~ MacBook_Air$ sudo dd if=/Users/MacBook_Air/recovery.dmg of=/dev/disk1s2 bs=1m

399+1 records in

399+1 records out

419430400 bytes transferred in 51.828887 secs (8092599 bytes/sec)

 

1分ほど待って上記の反応が来れば完成です!
アンマウントし外してAppleTVに内蔵させましょう。

 

AppleTVに電源を入れればリカバリーモードで起動し、言語選択後、出荷状態への復元を促される筈です。
復元が成功し再起動してもまた言語選択が出ますが正常な動作なので焦らないように。
正常に起動したらiTunesとの同期は後回しにしてまずOSアップデートを優先。
AppleTV(第一世代)は既にオンラインサービスも打ち切られ、OSアップデートがいつまでサポートされるのか不明です。もしAppleにアップデータを削除されればAppleTV(第一世代)のOSアップデートは絶望的になります。自力でのOSアップデートはまず不可能なので、AppleTV(第一世代)は現在使っている状態が最終形態だと思っておいたほうがいいかもしれない。

※OSアップデートをしてはいけません。詳細は次の記事を参照。

 

以上、AppleTV(第一世代)の内蔵HDD交換手順でした。
本件では成功事例だけを記述してますが、最初に言ったように私は何度も躓いてます。
他の方の情報を参考にやってたのだが、何故か上手くいかないのでアレンジせざるを得なかったのです。
もしかしたら私と同じようにやってもうまくいかない人も居るかもしれませんが、がんばって下さい。
日本にまだAppleTV(第一世代)を使っている人がどれほど残っているのか分かりませんが。

 

 

 

 

 

 

 

.

任天堂NXコンセプト

任天堂NXが据置機なのか携帯機なのか、はたまたそれらのカテゴリーとは違うものなのか、依然明らかになっていませんが、こうなったらいいなあというのをまた性懲りもなく予想してみましたよ。

任天堂は据置機と携帯機の開発環境を統合するというようなことを言っていましたが、それならもう据置機と携帯機を同じものにしちゃえばいいじゃんというのが今回のコンセプト。

最新のモバイル端末ではWii U並の性能を持つものも出てきており、PSやXBOXに対抗した大型据置機ではなく、モバイルベースとしたほうが携帯機に強い任天堂の強みを活かせると思う。

f:id:umikaoru:20160711144719p:plain

まずは据置NX

Wii U失敗の原因は画面付きゲームパッドのために本体性能の割には価格が高くなりすぎたというのが大部分だと思います(画面付きゲームパッドのコストが全体の35%を占めるというのは無理がありました)。なので今回はとにかく低価格で勝負するべき。

コントローラーも画面の無い一般的なものに戻し、電池やバッテリー駆動ではなく有線接続とする。

ストレージも標準搭載はSSDを32GB程度で、HDDを増設するかどうかはユーザーに委ねる。

価格を¥10,000〜¥14,000、コントローラー、ソフトと合わせて¥20,000程度にすることができれば相当な価格競争力となる(Wii Uはソフトと合わせると¥40,000近い)。

f:id:umikaoru:20160711144729p:plain

次に携帯NX

基本的な性能は上記据置NXと同等であり、ソフトも共通のゲームカートリッジとなる。

画面を1画面としたのは据置機と携帯機でソフトを共通にするためには必然。

それでも折り畳み形状としたのは、これまでのイメージを継続させるためでもあるが、PSVitaなどのスレート型とくらべて設計上の利点が多い為。

スレート型の場合、画面とコントローラーが同一平面上に配置されるため画面の大きさとコントローラーの操作性がトレードオフとなり、両方を取ると過剰に大きくなってしまう。

折り畳み形状ならばコントローラーのスペースを充分に取りつつ、過剰に大きくせずに済む。またCPUやバッテリーのためのスペースも多く確保できる。

据置NXと同等性能ながら単体でのTV出力を無しにしたのは、TV出力するにはHDMI端子が必要になるが、据置NXとの接続端子1本に絞るのがコスト削減には最善だろう。

価格は¥16,000〜¥20,000。3DSは¥25,000スタートで大失敗したので、¥20,000を超えるのは絶対に避けたい。

 

 

 

そして最後に据置NXと携帯NXの連携による新たなコンセプト

f:id:umikaoru:20160711144738p:plain

PSやXBOXなどの他陣営は次機新モデルで4Kへの対応を果たすらしいが、現状でも実際の解像度はフルHD(1920*1080)未満のソフトが多数あり、ハードが4Kに対応したところで実際にフルで4K解像度を使うソフトが出てくるとは限らない状況。

これはそれらとは異なるアプローチとなり、1台で高解像度映像を出力するのではなく、多数の携帯NXの映像を統合して4Kモニターに高画質出力する。

これならば高度な演算性能は必要ない。

この仕組みならば将来的には8Kモニターに携帯機16台のフルHD映像を出力することも可能(イベント等で高価な機材を使わずに行えるので重宝されるだろう)。

携帯機で対戦レースゲームをする場合は自分の画面しか見ることが出来ないが、据置機で対戦する場合は大型TVを画面分割するのが一般的。

そのどちらが白熱して盛り上がるかといえば、当然後者の画面分割。やはり全員が同じ画面を見ているというのは楽しさを共有することにおいては最重要となる。

ただしこの方式には問題もある。

そもそも据置NXと携帯NXの基本的な性能が同一でソフトも共通ということは、言い換えれば据置NXには画面分割対戦をする機能が無いということ(厳密には出来ないわけではないが、出来るようにしてしまっては結局据置NXと携帯NXそれぞれの動作モードを作成しなければならず、ソフトを共通にして開発コストを削減するという基本概念が無意味になる)。

とにかく携帯NXを普及させないことには始まらないということ。

なので基本的には携帯NXがメインとなり、据置NXはTVでもプレイしたいユーザーのためのサブ的ポジションとなる。

 

 

 

こんなトコロですか。

ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルドがWii Uゲームパッドを活用しない完全な1画面仕様となったことから、任天堂NXは1画面に回帰するのが確実となったために、以前の予想とはガラッと変わった。

当然Wii U3DSとの互換性は微塵も無いだろう。

携帯NX任天堂の投入するスマホゲーム(ファイアーエムブレムどうぶつの森など)にも対応するだろうから、画面はタッチパネルになるだろうし、もしかすると画面を裏返してタッチパネルのみのスマホモードも搭載されるかもしれない。

 

 

 

最後に、任天堂には同一IDの複数端末への登録やDLソフトの個別移動、DLソフトの複数購入、セーブデータのクラウド化などを実現してほしいですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

.

懲りずにまた第三次蒼穹作戦MADを作成

 

蒼穹のファフナー EXODUS 放送終了から5ヶ月以上経過しましたが、今更「第三次蒼穹作戦」MADを新たに作成しました。

 

前回作成した「実時間戦闘」MADは、2月半ばにファフナー関連MADが大量削除された際いっしょに削除されてしまいました。

 

リベンジというわけではないですが、そのうち実時間戦闘とは違うコンセプトのMADは作りたいと思っていたので。

 

 

今回作成した「第三次蒼穹作戦 Dead or alive and go」のコンセプトは、実時間戦闘のネタ路線ではなく映像作品としての完成度を重視することです。

 

以前、第20話「戦士の帰還」について演出がグダグダだとこき下ろしましたが、それを(勝手に)解決しようという自己満足動画です。

 

手順としては、

第19話と第20話の蒼穹作戦部分を繋げ、音声を抜き出し、セリフだけを分離。

映像はそのままだと20分以上になり長過ぎるので、まずパイロット描写、ミールとの精神会話描写をすべてカット(ごく一部どうしても必要なシーンがあり残してますが)。

春日井甲洋も喋らせるとテンポが悪くなるので喋らせないことに。

医務室もカットです。その他ちょいちょいカットシーンあり。

流れが不自然にならないようにカットの順番を変えたりしつつ、切り出しておいたセリフを乗せていき、ファフナーが喋っているような感じにします。

最後にBGM、DEAD OR ALIVE を乗せ、調整して終了、てな感じです。

乗せたBGMでオリジナルのBGMを誤魔化しきれない部分ではSEも完全に消えてしまうため大変残念な感じになってます(特に冒頭からのBGMはおとなし目な曲調のためオリジナルBGMをほとんど誤魔化せずMAD動画としては大変に掴みが悪い・・・)。

 

 

オリジナル演出のグダグダ感を解消するため、後半では演出を大幅に変更しています。

オリジナル演出では、

1、彗&里奈コンビの砲撃に敵ミールが多重シールドを展開し砲撃を回避

2、敵ミールがシールドを展開したため、代償にウォーカーのシールドが消滅しマークフィアーに腕ちょんぱ

3、アルヘノテルス型が降下開始

4、美三香のシールドが綻び、彗&里奈がグレンデル型に侵食され行動不能

5、零央がアルヘノテルス型を3体撃破

6、芹ちゃんがリヴァイアサン型の牙を同化

7、アルヴィスがリヴァイアサン型の拘束から脱出

8、リヴァイアサン型撃破

9、咲良が倒れる

10、戦闘機部隊の支援攻撃と零央のエンヤコラ攻撃

11、美三香結晶化

12、アルヘノテルス型一網打尽

13、里奈の砲撃

14、敵ミールをウォーカーが庇い、マークフィアーの斬撃で撃退

 

という流れになっていますが、大きな問題点は2つ。

1、リヴァイアサン戦がダラダラしてて長い。

2、だいぶ前に腕ちょんぱされたウォーカーが最後にいきなり出てくる。

 

これを解決するためには、リヴァイアサン戦は短縮、配置換えし、ウォーカー腕ちょんぱを終盤に配置する必要がある。

今回のMADでは、

1、零央がアルヘノテルス型のシールドを突破

2、芹ちゃんがリヴァイアサン型の牙を同化(捕食された直後と2度めの同化シーンを合体)

3、アルヴィスがリヴァイアサン型の拘束から脱出(残存火力を放て!のシーンはカット)

4、彗&里奈コンビが敵ミールを引き寄せ(砲撃はしない)

5、アルヘノテルス型が降下開始

6、美三香のシールドが綻び、彗&里奈がグレンデル型に侵食され行動不能

7、咲良が倒れる

8、零央がアルヘノテルス型を3体撃破(戦闘機部隊の支援攻撃と零央のエンヤコラ攻撃はカット)

9、リヴァイアサン型撃破(ワームスフィアーは早送り、水中ツヴォルフはカット)

10、美三香結晶化(ここはパイロット描写あり、タメシーンは短縮)

11、アルヘノテルス型一網打尽

12、里奈の砲撃

13、敵ミールが多重シールドを展開し里奈のビームと拮抗する

14、敵ミールがシールドを展開したため、代償にウォーカーのシールドが消滅しマークフィアーに腕ちょんぱ

15、里奈の砲撃が敵ミールの最後のシールドを破った瞬間、ウォーカーが庇いに来る

16、マークフィアーの斬撃で撃退

 

以上で、違和感の少ない流れになったかと思います。

ノープランで開始した割には予想外にハマって自分で驚いていたり。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

.

蒼穹のファフナー EXODUS 第21話 目覚めの時 と前回のオマケ

さて前回の記事で第20話をこき下ろしてしまったが、続く第21話は前回の鬱憤を晴らす見事な神回!

僕のファフナーが帰って来ましたよ。今後もこの調子で頼む。マジで。

でも次の第22話は冒頭から戦闘シーンオンパレードとなるだろうから第20話みたいな酷い絵コンテにならないことを祈る・・・

 

 

 

冒頭、アルゴス小隊壊滅(だがメインの人らは逃げ延びる)

国連はまたしても竜宮島のファフナーとコアからザルヴァートルモデルを建造中

ババアの言うパペットって一体誰のことなんだ・・・()

前回終了時点では、アルゴス小隊とアザゼル型がまともに交戦するか微妙だったけど、新国連ババアはアザゼル型に情報を与えて動きをコントロールしようとしているだけで結託まではしていないようだ。あくまで殲滅する手段を準備するための時間稼ぎが目的か

アショーカと竜宮島の合流地点にアザゼル型を集めるのですとかホント外道

 

 

 

f:id:umikaoru:20151123045504p:plain

キャー!10年ぶりのプレアデス型!

ディアブロ型と並ぶ中ボスクラスのフェストゥムが群れで現れるとかそりゃザイニヒじゃないと太刀打ち出来ないですね

1期で現れた時は、1体で竜宮島ファフナー、人類軍ファフナーを全滅させた恐るべきフェストゥム。えげつない雷撃や物量戦法を使うため、通常のファフナーでは対抗不可能

 

 

 

f:id:umikaoru:20151123050308p:plain

エメリーも子どもなんだから美羽ちゃんみたいに大人がそばに居てやれよ!寒いだろ!!吐血してるじゃねーか!!!

 

 

 

f:id:umikaoru:20151123051031p:plain

新たに登場したアザゼル型F クロウラー。属性は凍結。

 

 

 

f:id:umikaoru:20151123051546p:plain

すごく細かいことだけど、このカットのヘッドギア、微妙に作画ミスですね

 

 

 

f:id:umikaoru:20151123052036p:plain

嗚呼、ジョナミツ・・・

 

 

 

f:id:umikaoru:20151123052135p:plain

この状況でフェストゥムそっちのけで人類同士で交戦できる新国連部隊はマジ糞ですわ

 

 

 

f:id:umikaoru:20151123052323p:plain

ここのマークジーベンの変態機動マジヤバイ滾る・・・

 

 

 

f:id:umikaoru:20151123052613p:plain

f:id:umikaoru:20151123052637p:plain

今回の絵柄、みんな眼がかわいくなっちゃってるカットあるよねw

 

 

 

f:id:umikaoru:20151123053048p:plain

このウォルターさんの表情がイイ・・・

国連部隊の潜水艦を3隻も道連れにして逝っちまいやがった・・・

 

 

 

f:id:umikaoru:20151123053515p:plain

真矢にもらった花とともに一騎の右腕が逝く・・・

瞳も真っ赤になりもう限界

片腕を失ってまともな戦闘力も無いはずなのにそれでも突っ込む一騎

 

 

 

f:id:umikaoru:20151123053740p:plain

新たに現れた3体目のアザゼル型E フローター

「さらにもう1体だと・・・はっ?・・・どこへ行く・・・まさか!?」

 

 

 

f:id:umikaoru:20151123053933p:plain

国連部隊のファフナーが墜ちた輸送機を狙う!

「ここに居るのは人間だぁ!お前らとフェストゥム、どこが違う!!答えてみろお!!!」

 

 

 

f:id:umikaoru:20151123054628p:plain

f:id:umikaoru:20151123063705p:plain

ここで美羽ちゃんが「怖いよママ!」って言わない、さらにBGMがアゲて来ちゃったよ!!

もうおわかりですね

 

 

 

f:id:umikaoru:20151123055001p:plain

アザゼル型E フローターはボレアリオスミールの偽装した姿!

国連と他のアザゼル型、双方をを欺くため、アザゼル型のフリをして竜宮島・アショーカと合流するタイミングを待っていた

つまり、ボレアリオスミールは美羽とエメリーが助けを呼ぶ前からこうなることを見越していたということだろう

 

 

 

f:id:umikaoru:20151123055020p:plain

来主操、また全裸で出て来やがってw

しかし名前はそのままなんだな

弟みたいな感じになるわけじゃないのか

 

 

 

いやしかし紛れも無い神回でした

ファフナースタッフホントありがとう

 

 

 

さてオマケとして前回第20話の問題の戦闘シーンをまとめた動画を作成してニコニコにアップしたのでよければどうぞ・・・(一部ネタを含みます)

この動画を見れば本編がどれだけ無茶をやっていたのかが分かるかも

「こんな難しい脚本を書いた冲方がわるい」的なコメントもあるんですが、アニメっていうのは総合芸術

脚本通りのアニメ化が困難なら本来は脚本を変更してでもアニメとして成立させるべき

脚本家もいつでも脚本通りに作ってくれるなんて思ってないだろうしね

アニメってのは脚本・映像・音楽・声、全部ひっくるめた総合芸術

どれかひとつが突出して主張するようではだめなんだ

 

 

 

 

 

 

 

.

蒼穹のファフナー EXODUS 第20話 戦士の帰還 の問題点

神回続きの蒼穹のファフナーEXODUSにおいて、第20話が看過できない低クオリティとなってしまっている件についての解説



絵自体は問題無くいつも通りのハイクオリティと言えるが、絵コンテ・演出が台無しにしてしまっている
まず映像の使い回しがあること、それにカットの繋ぎ、配置が雑で、描写するべきシーンの取捨選択を放棄しているため時間経過が極めて不自然になっており、そのため緊張感を演出できていない
はっきり言って演出とは呼べない素人レベルの絵コンテであり、正直なぜコレでゴーサインを出してしまったのか理解に苦しむ(絵コンテに本作メカデザイナー鷲尾直広がクレジットされているのが原因か? 連名の矢薙じょう、演出の矢野孝典は本作初参加のようだが・・・)



AパートからBパートのウォーカー消滅まで全226カット(たぶんね)を順番に並べて解説します


↑問題の使い回しツクヨミハイパーシールド
それと美三香の「うおおお」だが、口が見えないから難しいってのは分かるけど、もうちょっとなんとかならなかったのか・・・ 1枚絵を拡大していくというのはアニメーションで一番やってはいけない種類の手抜き





↑使い回しその2マークドライのトルーパー召喚
厳密にはトルーパーの数が違うので完全な使い回しではないが、場所もアングルも完全に同じなので、並べて見比べるでもしない限りは同じに見える ツクヨミシールドと同じくせっかくの3DCGカットなのだから、せめてアングルを変えるぐらいはしてほしいのだが・・・





さて問題はここから
ここまではまだそれほど戦闘域が分散しておらず違和感なく見ていられるが、以降はほぼ全員バラバラに戦闘することになるので絵コンテには相当な力量が必要とされる


↑彗&里奈コンビ




↑美三香シールド




↑海上にて甲洋VSウォーカー





↑上空にて零央VSアルヘノテルス型24体




↑海中にて芹VS超大型リヴァイアサン





↑ウォーカーさん腕ちょんぱ!終盤の問題シーンに繋がります




↑零央くん、アルヘノテルス型の重層シールドを突破しただけで、現時点では1体も倒していない




↑ここまでがAパート
極小サイズのグレンデル型がツクヨミ、アマテラス、マークノインを侵食(コレあとで問題のシーンに繋がります)



↓ここからBパート

↑剣司がツヴォルフとスサノオに催促する形で攻撃指令
零央くん、アルヘノテルス型を3体撃破
芹ちゃん、リヴァイアサン型の牙をひとつ同化




↑アルヴィスはリヴァイアサン型の牙が欠けたことで強引に振り払い、脱出に成功
全長60kmの巨体とここまで距離を開けるには、分単位の時間が経過していると考えられるが、秒単位の戦闘を繰り広げている他の戦場とマッチしていない




↑咲良が倒れたため剣司おこ スサノオに再び催促
戦闘機部隊のミサイル攻撃やスサノオのエンヤコラ攻撃にもへこたれないアルヘノテルスさん




↑おかしいですね 前のカットでは下半身までグレンデル型に侵食されてたのに、どうやって排除したの?




ツクヨミの超ウルトラスーパーデラックスシールド発動でアルヘノテルス型一網打尽
よく見ると左上の2体がフォーメーションから離脱して逃げようとしますがスサノオが追撃して撃破
結局スサノオが撃破したのは5体のみ(エンヤコラでは倒せなかった・・・)




↑アルヘノテルス型が全滅したので配下のグレンデル型も全て消滅
里奈の意識が飛んでいたようだが彗の呼びかけで覚醒し止めの砲撃
機体を侵食していたグレンデル型の消滅するさまを映さなかったので上記ツクヨミと同様違和感のあるシーンである




↑そして最後にして最大の問題シーン
かな〜り前にマークフィアーに腕ちょんぱされたウォーカーさんがミールを守りに出てくるのだが、
うん、キミたち今まで何してたの?
みんな死にものぐるいで戦ってたのに世間話でもしてたの?



見返すとよく分かるのだが、全戦場を満遍なく描写したため、重複する時間だらけになってしまっていて、スピード感が全くと言っていいほど無い
描写するべきシーンの取捨選択を放棄していると最初に書いたが、つまりはそういうことだ。



では描写しなくていいシーンとは何なのか
例えば、芹ちゃんVSリヴァイアサン型はもっと短縮できた
ぶっちゃけ「ちょうだい、あなたの命」さえ入れば、あそこまで詳細に描写する必要は無い
それと剣司の指示内容に意味が無いものが多い



剣司がスサノオに2回も催促をするのだが、そのせいで零央が無能に見えてしまう
視聴者的には「零央くん映ってない間何してたの!」って思うのが普通なのだが、実際にはほとんど時間経過していない



そして最後のウォーカーさんにはちょっと変な笑いが出たよ正直
見た感じ戦闘力は甲洋が上回っていたのだから、ミールを守りに出てくるときにウォーカーさんがズタボロになっていたりすれば違和感無く見られたのだが・・・



全てのキャラに見せ場を作りたいというのは分かるけど、本来表現されるべき緊張感やスピード感をスポイルしてまでやることではない
画面に映っていない間は映っていないなりのことをしててほしい
それをうまく表現するのが絵コンテや演出の仕事
鷲尾直広、矢薙じょう、矢野孝典の3人は最高に盛り上がるはずの回を任せられておきながら満足な結果を出せなかった
絵コンテ、演出経験の浅い人間に終盤の重要な回を任せてしまった制作陣は反省してほしい
ウォーカー戦終了後に関しては問題無いです









.

iOS 9 純正ビデオアプリの不具合


最近iPhoneiOS 9にアップデートしたのだが、Apple純正ビデオアプリにて不具合を発見してしまった。
映画やアニメはMac miniiTunesをビデオライブラリ専用にして管理して、それをiOS端末から純正ビデオアプリでストリーム再生しているのだが、iOS 9にアップデートした端末で、ある映画を再生すると音声が出ない・・・。音声が出るものもある。また、最初は出ないが、手動で音声を切り替えることで出るようになるものもある。
これらはすべてiOS 9にアップデートする前は何の問題もなく再生できていたものだ。



なぜ上記のようにファイルごとに挙動が異なるのか調べてみたところ、サラウンド音声の順番が影響しているようだ。上記の3種のファイルは以下のようになっている。



1、音声が出ないファイル
第1音声5.1chサラウンド
第2音声2ch



2、音声が出るファイル
第1音声2ch
第2音声5.1chサラウンド



3、最初は出ないが、手動で音声を切り替えることで出るファイル
第1音声5.1chサラウンド
第2音声2ch
第3音声2ch



上記から考えるに原因は、iOS 9の純正ビデオアプリは「再生の可否を問わず第1音声を選択する仕様に変更した」からのようだ。
以前のiOSバージョンでは音声の順番に関わらず5.1chサラウンドは無視して自動で再生可能な音声が選択されていた。



上記3のファイルのように2ch音声(iOSで再生可能な音声)が複数入っている場合は「オーディオと字幕」選択ボタンが表示されるため手動で変更できるが、1のファイルの場合では、どうやっても音声を出すことはできない。



これは恐らくはバグではなく、仕様変更だと思われるが、なぜこのような変更を加えたのかは分からない。
とりあえず、Appleに不具合報告をしておいた。
iPhone - フィードバック - Apple(日本)



純正ミュージックアプリも一時期iTunesライブラリとのストリーム接続を削除されたりして、iOSは迂闊にアップデート出来ない状況になっているが、なぜこうも毎回困ったことをしてくれるのだろうか。
iPadもそろそろアップデートしようと思っていた矢先にこの不具合を発見してしまってまたアップデート出来なくなってしまった。まあこの不具合に気付かずにiPadをアップデートしていたら発狂していたかもしれないので良かったのだが・・・。









.